給料ファクタリングとの比較

給料ファクタリングとの比較

Smartツケ払いのシステムは給料ファクタリングと類似している部分が非常に多くあります。

そうした理由からか、これまで給料ファクタリングを利用していた人がSmartツケ払いを代表とする「後払い(ツケ払い)による現金化」を利用するようになっているという事例が多く見受けられるようになっています。

ここではそんな給料ファクタリングとSmartツケ払いのシステムとを比較し、Smartツケ払いのシステムの魅力をより引き出していきたいと思います。

Smartツケ払い公式HP

給料ファクタリングの特徴

給料ファクタリングとは、個人に支払われる給料を事前にファクタリング会社に買い取ってもらい、実際の給料日よりも前にお金を手にする事が出来る方法の事を言います。

給料は労働の対価として支払われるものであり、視点を変えると、会社から個人への債券(給料債券)であるという事が言えます。

つまりこの給料債券をファクタリング会社に買い取ってもらう事で資金を手にする事が出来るというのが給料ファクタリングの仕組みとなっています。

給料債券を買い取ると言っても給料債券の全額を買い取るという事はなく、買取の際には掛け目が設定され、多くの場合には上限金額が3~5万円程度となります。

また、給料ファクタリングの場合は利用の為に給料明細の提出や、勤務先の業績などの審査は必要となりますが、借入ではないので、信用情報の審査を行うという事がありません。

但し、申告のある会社に本当に勤めているのかという在籍確認は必須となっています。

また、法的にはまだ未整備な分野となっている為に、給料ファクタリングは法律的には非常にグレーであると言わざるを得ません。

そして、給料ファクタリングを行う業者の中には悪徳業者やヤミ金も多く存在しているというのも事実です。

Smartツケ払いと給料ファクタリングの相違点

これまでの説明を読んで頂ければわかって頂けると思いますが、Smartツケ払いのシステムと給料ファクタリングのシステムとでは類似点が非常にたくさんあります。

例えば、信用情報の審査が行われないというような事や、上限金額に関しても大きな相違はありません。

しかし決定的に違う事は、給料ファクタリングの場合には在籍確認が必須となるので、職場にバレる可能性は大いにあります。

そして、法律的にもグレーなものであり、悪徳業者やヤミ金の介入も見受けられるため、安全に利用出来るという保障はありません。

その点Smartツケ払いであれば在籍確認には柔軟に対応してもらう事が出来るようですし、法律的にも弁護士の監修のもとで制定されているシステムなので心配をする必要はありません。給料ファクタリングに比べSmartツケ払いは安心して利用出来る即日現金化サービスであると言えます。

Smartツケ払い公式HP TOPページを見る